親子カフェjoy店長の子育てブログ

育児ストレス解消は毎日のちょっとしたこと。3人の子育てをしながら親子カフェを経営している私が毎日している工夫をご紹介します。

*

家事が気乗りしない・・・から結構楽しい!までになった4ステップ

   

Pocket

「おう、洗濯物干さなきゃ・・・」「そろそろご飯の準備を・・・」というときに、前は腰が重かったんです。

面倒まではいかないのですが、気乗りしない。でも、いまはそれも原因がわかって解消することが出来ました(^_^)

ちょっと家事が気乗りしない・・・そんなことがある方はぜひ試してみてほしいなと思います。

家事が楽になる4ステップ

別に家事もそんなに嫌いじゃないんですよね。ちょっと気乗りしない・・・そこから、結構楽しい!となるまで私は4段階ありました。あーなんか理屈っぽいですね~(笑)でも、いろんなステキな奥さん風な方の手仕事エッセイみたいなの読んでも「素敵だけど、無理!」と思ってました。

家事が気乗りしないのに、いきなり「素敵な手しごと系暮らし」ができるかい!!!と今思うとそうなんですが。

そこまでステキではなくても、結局は「気乗りしない」状態から「結構楽しい」とこまで来ました。そのステップを考えてみると4つ

・深く考えない

・正体をみつける

・減らす

・楽しむ

どれもすごく簡単なステップでした。

家事ラクの第1ステップ★深く考えない

もうね、まずはコレでした。

まだ一人目の子が離乳食を始めたばかりの頃、もう食べ散らかしがすごくて!一生懸命つくっても食べてくれない。って予測できるけど、作る。これが気乗りしない原因だったんですよね。

ご飯作るという行動自体は嫌いじゃないのに、それに付随する余計なことをひっぱりだして自分で面倒な気持ちにさせていたんです。

これの対処は単純に

「思考を止める」(笑)

「ご飯つくる」て決めたら深く考えずに、まずキッチンに入る。

これ、全てのことでもそうで「雨が降ってる」「うわーやだな服が汚れるな」と意味づけしないで「雨が降っている事実」だけを受け止めるようになりました。

「雨が降っている」だけで思考を止める感じ。

なんか、雨がふると空気がきれいになるわよね!って自然に前向きに思えたらいいですけど、無理やり前向き思考にするのは絶対良くないので(笑)まずはマイナス思考をストップする。これで第1段階はオッケー!

家事ラクの第2ステップ★正体を見つける

家事がいやな理由、その正体って絶対なんかあるんですよね。私は時間を取られる感じがすごく嫌だったんです。

他にもやりたいことあるのにー!と。(基本、やりたいことがいつでも満載な人なので)

でも、ふと

「洗濯物干すってどれくらい時間かかっているんだろう」

って考えて時間を測ったら10分くらい。いま家族5人分でも15分かからない程度でした。

なーんだ、洗濯物干すって15分あれば終わるくらいのことなんだ~と拍子抜け。

だいたいそんな大したことなかったんですよね、すべて。

 

家事ラクの第3ステップ★減らす

モノを減らせば家事が減る。

これ、ほんと!実感。そして、いまも進行中。当初はいまあるものをいかにしまうか?だけしか考えずに収納家具を買っていました。

収納家具を買うと、収納スペースがある。だから、これもしまっておくか!となってしまい、大して要らないのに取っておく羽目に。

で、いろんな断捨離関係の本とか読んで少しずつ実行していくと、気持ちのいいこと!まあ掃除も片づけもほんとラク!

片づけに役立った本はこれ!

家事ラク本(私のウチにはなんいもない)

わたしのウチには、なんにもない。 ゆるりまい

「捨て変態」という著者の1冊目。ここまで減らせるのか!?という衝撃がすごかったです。自分の意識を変えるのにいいかも。気楽に読めるコミックエッセイでまずは自分に先制パンチ(笑)


家事ラク本(人生がときめく片づけの魔法)

人生がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵 著

いわずとしれた大ヒット本!やっぱり外せない。このとおりにやって「洋服」「説明書関係」が特に捨てられた!

家事ラク本(おかたづけ育 はじめました)

おかたづけ育、はじめました Emi 著

子どもの増えていくものを成長に合わせていかに片づけるか?家具は?自分で片付けさせるには?年齢別に書かれていて、1人目が赤ちゃんの時に知っておきたかった!!!この本を参考にお店の収納もしています。(^_^)

家事ラク本(服を買うなら捨てなさい)

服を買うなら捨てなさい 地曳いく子 著

30代になって、子どももいて、自分の好みも顔の感じも、生活環境も変わって似合うもの・着たいものが分からず・・・でもおしゃれはしたい!そんなときこの本が良かったです。「なんでも着こなせるのがおしゃれってことじゃない。似合うものだけ着ていればいい」というのを読んで、ロングスカート以外のスカートとトレンチコート・ヒール靴をすっぱりやめました。(ビックリするくらい似合わないの!!!)

少ない服でホントに満足できるように、これで服も見直せました(*^^)v

家事ラク第4ステップ ★楽しむ

家事してる時って、結構孤独じゃないですか?

なーんか退屈。で、どうしたら楽しめるか?ってことで小さい工夫を沢山するようになりました。私の楽しめる4つのアイテムはこれ!

 

・気軽に読める本

家事ラク本(3月のライオン)

前はごっつい小説とか沢山読んでました。でも、やっぱり子育てしていると中断してしまうことがあるので、もっと気軽に読める本も沢山読むようになりました。雑誌、写真集、エッセイ本、マンガなどなど。それを、キッチンに置いておきます。ちょっと煮込んだり、片付けが終わって5分くらいとかの隙間時間にぱらぱらっと本をめくるだけですごーく気分転換できるんですよね。おすすめです。

マンガは「3月のライオン」「昨日、なに食べた?」がお気に入り!

・ラジオ

家事ラク(ラジオ)

これ、イライラ解消にもいい!朝の焦っているときも子どもがワーワーいってても、ラジオから人の声が聞こえてくるとすーっと冷静になれます(笑)で、時々すきな曲、懐かしい曲が流れるとすっごくうれしい!私はFMヨコハマ聞いています(^_^)平日朝のDJ栗原さんは感じよくて好きなんです~。

ラジオはシンプルなソニーのポータブルラジオ。キッチンに置いています。

・音楽

家事ラク(音楽)

音楽をスマホに入れて、いつでも聞けるようにしました。洗濯物を干すときは「さー!歌っちゃうよ~!」とウキウキしながら携帯をもって行きます。音楽ってホントなんでこんなに元気にしてくれるの?ありがとう!

子ども達もアニメソングとかかけて踊っています。8歳息子がポケモン、5歳娘はアイカツ、そこに割り込んで私がYUKI。2歳息子も子ども向けソングでは踊らないのに、YUKIとかは猛烈、踊ってくれます。私も嬉しくて歌っていると子ども達も喜んで歌ってくれて、いつしかみんなで大合唱!夕飯後、お風呂前の遊びタイムにやっています。

・コーヒーと美味しいおやつ

家事ラク(コーヒー)

単純に美味しいもの食べてると怒れない。

公園で延々遊ぶ子ども達。(だいたい6時間あそぶ)だから公園行く前に必ずタンブラーを持っていきます。まだ道路に飛び出す2歳児がいるので見張っていなくてはいけない。そんなときは途中で美味しいコーヒーをタンブラーに入れておく。

公園で飲む温かいコーヒーは最高!公園行くときは近くに美味しいパン屋さんとかあるような場所にわざわざ行ってました。

どうせ一日いるならね。だから鵠沼海岸のサーフビレッジ、辻堂の海浜公園。藤沢駅の奥田公園。近所の弥勒寺公園。近くに美味しいパン屋さんとかお店で調達してコンビニコーヒー入れて公園に行きます(^_^)

家でも子どもがいると、あったかいコーヒーが飲めないからタンブラーに入れてます。冷めないし、こぼれないから置いておいても安心(^_^)

 

 

どうせやるなら、もっと楽しみたい!すみずみまで!と暑苦しく思う私の工夫をご紹介しました~。これを読んで、「あ、おもしろそう・・・」「ちょっとやってみようかな」なんて思ってもらえたら嬉しいです

 

藤沢 子育てが楽しくなる親子カフェjoy

親子カフェjoy外観

Pocket

 - 育児と家事の両立

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です